FX高金利通貨トルコリラでうねり取りで差益、スワップ益の両方を狙うリアル投資日記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トルコ経済は基本的には好調。国際金融機関の支援を受け、財政赤字削減を中心した経済構造改革を推進中である。

トルコ政府は、2000年と2001年の金融危機後、IMF等より約100億ドルの金融支援を受けておりIMFとトルコの合意によるトルコ経済改革プログラムに基づき、経済政策を実施。
(IMFは、金融支援条件として経済改革プログラムの進捗状況を監視している)

トルコ経済改革プログラムは、財政収支を黒字(GNP比+6.5%)を目標値にしている。
プログラムの中身は財政赤字の削減、構造改革、国営企業の民営化である。日本と全く同じですね。

2007年度の目標値は、実質GNP成長率5%、インフレ率4%、
上記目標の中では、財政収支目標(プライマリーサープラス6.5%)が最も重要視されているようである。

為替に関しては、2006/5トルコ・リラの暴落により、トルコ中央銀行は、2005/6に2回にわたりトルコ・リラ買い/米ドル売りの直接介入を実施し、トルコ・リラを買い支えた。

また、4回の政策金利の引上げ、13.25→15.00→17.25→17.50%まで
4.25%の引き上げを実施し、為替相場の安定に努めた。

経済安定を背景に、2005/01/01にトルコの課題であったデノミネーション(通貨単位変更、100万リラ→新1リラ)を実施した
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://try5499.blog17.fc2.com/tb.php/8-8b4e09e3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
?????????Ρ???????????DVD3?å?? Τ?????????
2007/12/24(月) 08:32:40 | ??
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。